CADで図面を作成しよう|図面の作りは大切

CADは図面作成には必須

こんにちは、今回の記事では電気工事で必ず必要になってくる施工図や設計図などを作成するために必要なCADについてお話していきいたいと思います。

電気工事や建設業に関わる方はどんなCADを使っているのでしょうか。

普段から図面作成している人は馴染みがあると思いますが、図面作成は作業員の方ではあまり馴染みがないかもしれません。

ですが、分かりやすい図面を作っておかないと間違った施工になる可能性があります。

そんな図面作成で必須であるCADについて、どういった物があるか見ていきましょう。

CADって何?

まずはじめに、ここまでCADと何度も言っていますが、CAD自体が何かわからない方に向けてCADが何かをお話していきましょう。

CADは「Computer Aided Design」の略だそうです。

元の言葉は全然覚える必要はないと思いますが、要するにコンピューターを使って設計するためのシステムだと思ってください。

昔は手書きで図面を作っていたものが、今ではパソコンで作れるようになったソフトですね。

このCADにもいくつも種類があるので主な種類をご紹介していきましょう。

jw-cad

小さな建築会社や施工会社でよく使っている人を見かけるCADがこのjw-cadになります。

使っている人の人口としては一番多いのではないでしょうか。

その理由として、一番大きいのが無料のフリーソフトだということです。

CAD自体は結構高額なソフトなのであまりそこにお金を掛けられない会社はCADをjw-cadにすることが多いのです。

無料なのでとてもいいのですが、他のCADとの図面の互換性が悪く、jw-cadで作成したものを他のCADソフトで見ようとするとデータが、バグってしまっていたりするので割と建設業でjw-cadを使っていると嫌がられることも結構あります。

AutoCAD

AutoCADは建築業種方ではよく使われているCADになります。

大手のスーパーゼネコンと言われる会社でもこのAutoCADが使われていました。

世界的にもシェアが大きく建築業でAutoCADを使っていて嫌がられることはまずありません。

誰でも知っているソフトなので、他のソフトとの互換性もよく建築が主体で使っていることもあり図面の最後にはAutoCADの図面にして完成させることが多いです。

使っている人口が多いということはそれだけ世の中に情報が溢れているということになるので、AutoCADを使えるようになるだけで建築関係の仕事につけたり、CADの講座をやっている講師になれたりと幅が広いので学ぶならこれがおすすめです。

CADWe’ll Tfas

CADWe’ll Tfasは通称Tfasと略して呼ばれることが多いCADのソフトですが、このCADは設備系の業者に使われている事が多いCADになります。

建築業者はAutoCADを使っている事が多いですが、大手の設備業者、電気設備業者はこのTfasを使っていることが多いです。

Tfasが設備業者によく利用されている理由の1つにAutoCADよりも空間的に図面を書く3Dでの描画が優れているところにあります。

電気設備も空調設備なども実際に使用するところまでケーブルであったりダクトであったりを天井内で施工しなくてはなりませんが、施工図をうまく調整しておかないと当たってくることがよくあるのです。

それらを回避するために3次元情報をきちんと登録することで、事前に確認ができるようになるのです。

私が普段使用しているのは電気設備業者なので、このTfasを利用しています。

建築業者との図面のやり取りの際にはAutoCADに変換しますが、そういった変換も情報が失われず使いやすいです。

建築以外でのCADの使い道

CADは建設業だけでなく、設計図として幅広く使用されていていろんな業界でも役に立つスキルだったりします。

CADが他の業種でどのようにして使われているかも、ご紹介していきましょう。

機械部品

機械と一言で言ってもその規模や大きさは様々です。

大型の飛行機などもCADで設計図を書かれていますし、細かいネジ1つであっても工場で量産されるときにはもともとはCADで情報を入力されているのです。

大きな設備ほど内部の作りも細かくなるので、3DでCAD図を作成するメリットが生まれます。

土木

土木というと馴染みがありませんが、道路や橋、鉄道などの構造物を作る図面にもCADが使用されています。

土木はjw-cadやAutoCADが使われていることが結構あります。

回路設計

電子基板の設計などでもCADが使用されています。

電子基板の細かい配線図などを図面で描いて作るためにCADが使用されています。

アパレル

洋服のデザインをするためにもCADが活躍します。アパレルで使用されるCADであれば生地の裁断用の型紙のサイズなどを入力することで、もともとの生地から効率よく切り出せるかなどを検討します。

ジュエリー

ジュエリーは設計が命、その設計図を書くためにもCADが使用されています。

CADまとめ

CADは設計図として様々な場面で使用されている、図面作成用のソフトだと覚えておくといいでしょう。

用途に応じて多くの種類があるので用途にあったCADから探してみるのがいいと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る