200Vで使用する電気設備とは|200Vである理由を解説

家庭内でも200Vを使用する機器はある

こんにちは、今回の記事では一般的に電気といえばほとんどが100Vであるなか、200Vを使用する電気設備についてご紹介していきたいと思います。

100Vではなく200Vを使用するほとんどの理由が100Vでは電圧が低く、効率が悪くより高い電力を必要とする場面で使われています。

一般の家庭でも使用することのある200Vの使いみちについてお伝えしていければと思いますので、200Vの設備がどのようなものかよく知らない方は見ていってもらえると嬉しいです。

100Vと200Vの違いとは

電気の電圧についてあまり詳しいことがわからない方に向けてまずは100Vと200Vでどのような違いがあるのかをご紹介していきたいと思います。

まず電気料金についてですが、電気の料金については電圧だけでは決まりません。

電圧と電流の掛け算であるワット数によって電気代は変わってくるので200Vだからといって電気代が2倍になることはありません。

200Vを使用することで、パワーが強くなるため結果的に短時間の使用で済ませられたりするのでそういう場合には逆に得になることもあります。

電圧のボルトとは電気を押し出す力のことですので、大きいほうが動かせる設備も強く、大きくなるのです。

電力の200Vを使用するには

200Vを電源として使用するには電力の契約の時点で単相3線式にしておく必要があります。

単相3線式というのは3本の電線によって100Vと200Vの電圧を同時に利用しようというものになります。

この単相3線式は多くの家庭では採用されているので、問題はないかと思います。

仮に古いお家で単相2線式の家であってもかんたんに単相3線式に変更する工事をすることで対応が可能です。

たとえ200Vを使用することになっても電線自体を引き直す必要はないため工事も比較的簡単で済むのです。

一般家庭で使用する200V設備

一般家庭で使用する200Vの電気設備はそれほど多くありません。

いくつか例を挙げてみると次のようなものがあります。

IHクッキングヒーター

IHのクッキングヒーターは一般的にはあまり火力が強くなさそうに思われることも多いのではないでしょうか。

実際のところはIHのクッキングヒーターは200Vで使用するとガスコンロよりも非常に高火力を出すことができます。

実際に火が見えないので火力の調整はなれるまで難しいですが、安定した火力が出せるので使いこなせると楽しくなります。

食器洗い乾燥機

後付の食器洗い乾燥機の場合は100Vで使用することもできますが、キッチンにもとから備え付けの食器洗い乾燥機についてはほとんどが200Vになっています。

食器を洗うときに熱いお湯を作り出す必要があるのですが、この工程が100Vだと効率が悪くなるため、200Vのものを使用されることが多いでしょう。

エコキュート

電気代の安い深夜電力を利用してお湯を沸かし、そのお湯を溜めておいて日中に使用することができるようにする設備です。

こちらはシンプルに電気でお湯を沸かすという設備になるため、パワーが大きな200Vが早く効率よくお湯を沸かせるので便利です。

エアコン(広い部屋用)

エアコンについてはすべてが200Vを採用しているわけではありません。

使用する部屋が大きくなってくるとエアコン自体や室外機などが大きくなってくるため、パワーが必要になってくるのです。

目安としては14畳を超えてくる広さの部屋なのであれば200Vを使用するエアコンを使うほうが良いでしょう。

電気式床暖房

電気式の床暖房は床に仕込んである電熱線に電気を流すことで床が温まります。

電気のパワーがそのまま暖かさに反映されるので当然ながら100Vよりも200Vの方が温める力が強くなっていますので、より効率的に床を暖めることができます。

広さにもよりますが、基本的には200Vを使用することが多いです。

洗濯乾燥機

洗濯乾燥機も乾燥の機能を使用するときにはたくさんの熱を生み出すことが必要となります。

そのためこういった場合にも200Vを使用するほうがより効率的に熱を生み出すことができます。

100Vで乾燥をしようとすると電気代と時間が多くかかってしまい大変ではあります。

最近販売されている洗濯乾燥機は比較的100Vでも機能するようになっているので、あまり気にしなくても良いかもしれません。

200Vの電気設備まとめ

ここまでにご紹介してきた設備が代表的な設備になります。

こういった電気設備は消費電力も大きく200Vで使用するほうがより効率よく使用することができるのでぜひとも200Vで使用しましょう。

見ていて共通点がわかるかと思いますが、どれも熱を生み出すことに使用されているというのがよくわかります。

電気を利用して家の光熱エネルギーを賄うには100Vだけでは能力不足ですので、必要に応じて200Vの設備を有効活用するようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る