電気自動車に乗るには専用の充電コンセントが必要

電気自動車には充電スペースが必要

こんにちは、今回の記事では少しずつ世の中に普及してきている電気自動車の充電用コンセントについてお話していきたいと思います。

電気自動車は当然ながらガソリンを使用せず、電気の力のみで走ります。

そのため、充電のためのコンセントというのは必ず必要となってきます。

お出かけ先でも充電スポットなどをよく見かけるようになりました。

これらの電気自動車の充電用コンセントについて知らずに電気自動車に乗るのは少し危険だと思います。

電気自動車に関する疑問にお答えしていきたいと思います。

電気自動車の充電用コンセントの種類

電気自動車を購入して自宅に置きたいと思うのであればまず最初に考えておくべきことが、自宅に充電用コンセントを付けなくてはいけません。

そんな充電用コンセントを付ける際に知っておきたい種類についてですが、これにはスタンドタイプと壁取り付けタイプの2種類があります。

それぞれがどのようなものか見ていってみましょう。

スタンドタイプ

こちらは商業施設などにある充電スペースでもよく見かけるもので、直立しているタイプの充電用コンセントです。

充電用コンセントのみで独立しており場所の制限がなく、設置したいところに置くことができますが、スタンドを設置するのは結構費用がかかってしまうので要注意。

スタンドタイプは電気自動車のための設備ですので見た目も格好良く、スタイリッシュな感じがするのでおすすめです。

壁取り付けタイプ

壁取り付けタイプについては、家の壁の充電用コンセントを設置するタイプとなります。

家の壁に取り付けるので、自宅の電気自動車の駐車スペースと家の壁がある程度近くないと設置することができません。

車庫などであれば全く問題ないのですが、あらかじめ距離は見ておくといいでしょう。

充電器の種類について

電気自動車の充電器自体も種類があります。

簡単にお伝えしてしまうと普通充電型と急速充電型の2種類があります。

どうせなら短時間で充電できる方がいいのですが、やっぱりそこは必要な費用が変わってきます。

自宅に取り付けるのであれば長時間充電する時間もありますので、普通充電型でいいでしょう。

逆に外出先にあるようなところであれば、急速充電型であるべきだと思います。

急速充電型であれば1時間もかからずに充電ができますが、電気自動車を使用している人も多くいるので、それでも長いと言えるでしょう。

多くの人が順番待ちしてしまったらなかなか自分の順番が回ってきません。

充電用コンセントを施工しよう

それでは電気自動車のコンセントを施工する上での流れを見ていきたいと思います。

まずは何からやっていけばよいかを1つ1つご紹介します。

工事の見積もり

新築で家を建てられる方であれば、依頼するハウスメーカーの方にお願いしてみれば場所さえ指定すれば設置まで一通り対応してもらえます。

ですが、後付で電気自動車の充電コンセントを取り付ける場合は、見積りを取るところから始めましょう。

簡単に頼めるところとしては、車を買ったときのディーラーで一緒につけてもらうのが早いです。

もしくは大手の家電量販店でも充電用コンセントの設置工事を対応してくれるところがあるのでそちらにも見積りをとってみるといいでしょう。

実際のところ、こういったディーラーや家電量販店はそこに登録している電気工事会社や工務店に施工を委託することになるので、仲介手数料が入ってきます。

ですので、施工してくれる工務店を探してみると一番安く取り付けを行うことができます。

現地調査

施工をしてもらう業者を選ぶ事ができたら次は現地調査をすすめることになります。

現地調査では立ち会いで行うことがほとんどですが、まれに忙しい方の場合、立ち会いなしでも見に来てくれることもあります。

家の外であれば問題なく見れるので設置場所は確認できますが、ブレーカーの写真などは送る必要があるかもしれません。

施工

現地を見てもらい、見積りをもらったら申込みをしましょう。

申込みが完了すれば後は施工業者が取り付けまでキレイにやってくれます。

当日の工事については次のような内容があります。」

・漏電ブレーカーの設置

もともと漏電ブレーカーに余裕があればそちらから分岐して使用することもできるので、必要ないこともあります。

・ブレーカーから充電コンセントまでの配線

・充電用コンセントの設置

大きく分けてこの3つの施工に別れます。

いちばん大変なのはブレーカーからの配線となります。

壁取り付けタイプでブレーカーからの距離が短いと楽なのですが、スタンド型ともなると、一旦重機を使って家の庭を掘り起こし埋設配線をしないといけないこともありますので、1日では済まないこともあります。

まとめ

電気自動車を使いたいのであれば、充電用のコンセントは必須となります。

施工の方法など詳しいことは電気工事業者の方と打ち合わせをして、自分に合った最適なコンセントを取り付けましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る