電気に関する資格は何があるの?

電気工事に関する資格はたくさんある

こんにちは、今回の記事では電気工事をする上で使用する資格についてご紹介して行きたいと思います。

電気に関する資格はたくさんあり、どれを取得していいかも迷う方が多くおられると思います。

まずはどんな種類があるかをご紹介し、それぞれの特徴や取得した場合のメリットなどをご紹介していきたいと思います。

電気に関する資格はこれ

電気に関する資格は次のようなものがあります。

  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士
  • 第一種電気主任技術者
  • 第二種電気主任技術者
  • 第三種電気主任技術者
  • 1級電気工事施工管理技士
  • 2級電気工事施工管理技士

大きく分けてこの3種類ということになります。

その他にも電気通信工事担当者や拝殿制御システム検査技士CATV技術者であったりいろいろな資格があり、そういったところは必要に応じて取得すればよいでしょう。

それではそれぞれの資格を取得すると何ができるようになるのか見ていきましょう。

電気工事士

電気工事士は工場やビル、など大型な建物の電気の配線や電力機器の設置、整備や点検、取外しまで工事をするのであれば持っていないといけない資格になります。

これらの資格がないと、一切の電気工事をやってはいけません。

それだけ電気工事というのは素人がやると危険なもので、火災や感電など一つ間違えると人の命に関わる設備ということが資格からわかります。

電気工事士には第一種と第二種の2種類に分けられ、それぞれの違いについては次のようになります。

第一種は事業用電気工作物のうち、最大で500kW未満で受電する電気設備の工事を行うことができるようになります。

第一種電気工事士は第二種の上位の資格ですので、第二種でやっても良い工事はすべて実施することができます。

第二種では一般住宅や店舗など低圧受電をする設備であれば工事ができるようになります。

配線を引っ張ったり、配電盤、電気設備の設置、交換作業、スイッチ、コンセント、照明といったものの交換などこういった作業は第二種電気工事士でも対応可能です。

電気主任技術者

電気主任技術者は電気設備の保安監督を行う資格です。

電気主任技術者は電気に関する資格の中でも人気の高い資格であり、いろいろなところで需要があります。

発電所・変電所・工場・ビルなど大きな建物の保安監督をする仕事に役立ちます。

第一種から第三種まで種類がありますが、一番上位の資格が第一種となっており、取り扱いが可能な電気設備の範囲が違ってきます。

第一種ではすべての事業用電気工作物の取り扱いが可能となります。

第二種では17万ボルト未満の事業用電気工作物の取り扱いができ、第三種では5万ボルトまでの事業用電気工作物の取り扱いが可能となっています。

取得するのであれば第一種を目指したいところですね。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は、様々な工事現場に置いて電気工事の全体を監督する、いわゆる施工管理の仕事に役立つ資格になります。

電気工事施工管理技士はには1級と2級がありそれぞれの違いは次のようになっています。

1級は一般または特定建設業の営業所の専任技術者・現場の主任技術者や管理技術者になれます。

2級では一般の営業所や専任技術者や現場の主任技術者になれます。

1級になると関われる建設業の規模が大きくなるということですね。

電気の資格を取得するメリット

電気の仕事は多岐にわたり、その種類によって資格もたくさんあるようなイメージです。

資格を取ることで作業しても良い範囲が広がっていきますので、取得することでキャリアアップができます。

電気の仕事には危険が伴います。

それだけに資格を持った人というのは優遇される用になるのです。

例えばですが、就職や転職で仕事を探しやすかったり、社内での役職が上がったり、手当が増えることで年収アップを実現させることができたりするのです。

資格を取得することは良い事だらけですので、積極的に取り組んでいってください。

電気の資格は難易度の低いものから取得するのが基本となります。

第一種と第二種があるような資格であれば第二種から取得するのがセオリーですが、自身のある方は飛ばして第一種から取得するのもの良いでしょう。

いくつもの資格を取得していくと、内容として共通しているところもありますので、意外と勉強しなくては行けないところは少なかったりします。

資格によっては筆記試験を免除してもらえたりするのでそのへんもよく確認しておきましょう。

自分が目指したい将来の自分をしっかりとイメージしてひとつずつ資格をとっていくことが良いでしょう。

電気の資格まとめ

電気工事に関する資格は今回紹介させていただいたものの他にもいくつか種類があります。

それらを取得することで、キャリアアップが図れ、転職や年収アップにも期待ができるでしょう。

物によって難易度は様々ですが、難易度の低いものから順番に取っていくといいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る