除染作業に従事するなら必須!除染作業等特別教育及び特定線量下業務の特別教育とは 特別教育解説篇

前回は、東日本大震災から福島第一原発事故についてご説明した上で、原子力発電所で働く人に発生する危険性について触れましたので、少し重たい内容が続きました。一方で、福島第一原発事故の後処理には人材がますます求められますし、各地の原発で働く人々もまた必要となります。そこで今回は、そうした作業に従事する際に必要な資格などについて、お伝えしていこうと思います。

 

除染作業について

除染作業とは、放射能汚染が発生した場合、放射性物質やその物質が付着した物を除去したり、遮蔽物で覆うなどして放射線量を下げるための作業にあたります。特に、東日本大震災では福島第一原発の事故によって、広い範囲の土壌が放射線によって汚染されました。これを除染する作業が今もなお行われており、非常にたくさんの求人広告が出ているのが現状です。しかしこの危険を伴う作業には、専門的な知識と技術が必要になるため、特別な資格の取得が必要となります。

 

除染作業に従事するために必要な特別な資格について

東日本大震災をきっかけに、除染作業を行う労働者の労働災害を防止する、あるいは低減するために「東日本大震災により生じた放射性物質により汚染された土壌等を除染するための業務等に係る電離放射線生涯防止規則(除染電離則)」が施行されました。これによって、除染作業を行わせる場合は、特別な教育を受けさせなければならにと義務付けられています。

対象となる業務は、以下の4つです。

 

①土壌等の除染等の業務

②除染土壌の収集・運搬・保管に係る業務

③汚染廃棄物の収集・運搬・保管に係る業務

④特定汚染土壌等取扱業務(③の業務以外で、特定土壌等を取り扱う業務)

 

除染等業務に係る特別教育の内容

<学科>

・電離放射線の生体に与える影響及び被ばく線量の管理の方法に関する知識(1時間)

・除染等作業に関する知識(1.5時間)

・除染等作業に使用する機械等の構造及び取扱いの方法に関する知識(1時間)

・関係法令(1時間)

 

<実技>

・除染作業の方法及び使用する機械などの取扱い(1.5時間)

 

学科4.5時間、実技1.5時間の計6時間の講習となり、費用は10000~15000円程度となっています。この特別教育の内容については、除染等業務特別教育及び特定線量下業務特別教育規定によって定められていますが、除染業務に係る特別教育の他に、特定線量下業務特別教育についても定められています。

 

特定線量下業務に係る特別教育の内容

<学科>

・電離放射線の生体に与える影響及び被ばく線量の管理の方法に関する知識(1時間)

・放射線測定の方法等に関する知識(30分)

・関係法令(1時間)

 

特定線量下業務とは、除染特別地域等の中で、放射性物質による平均空間線量率が2.5μSv/h(マイクロシーベルト毎時)を超える場所で行う「除染などの業務」以外の業務のことを指します。 つまり、除染作業には従事しないが、特定線量下で作業に従事する場合にはこちらの特別教育を受講する必要があります。例えば、この特定線量に該当する場所で荷物を搬出入する際には除染作業は伴いませんが、荷物の積み下ろし作業がありますよね。この作業が1ヶ月当たり40時間を超える場合には、特別教育を受けなければなりません。こうした場所での業務は、除染作業以外にも様々存在するということです。

 

放射線による被ばくについて

以前、放射線の一つであるエックス線については詳しく触れましたが、放射線には様々な種類があります。例えば、アルファ線・ベータ線・ガンマ線・中性子線などがあります。エックス線もそうでしたが、これらは基本的に透過性が高く、物質を通り抜ける性質を持ちます。除染作業の際に問題となるセシウムからは、ベータ―セントガンマ線が放出されることがわかっています。ベータ線は、透過力がそれほど強くなく、保護服を着ていれば被ばくを防ぎやすいのですが、ガンマ線は透過量が非常に大きく、除染作業などにおいて影響を受ける場合は、ほとんどがガンマ線によるものだと言われています。放射線が出す性質を放射能と言いますが、これは時間が経つごとに減っていくことがわかっています。しかし、この問題となっているセシウム137というのは、約30年で放射能が半分程度にしかならないので、長期的に問題解消にあたっていく必要があります。

東日本大震災から9年経ち、こうした作業に従事していた人たちが被ばくしてその影響が出るかどうかはこれからわかってきます。放射線が人体に与える影響として、がんの増加や白血球の減少がありますが、これは職業被ばく限度(年間50mSV)を守っていれば、大丈夫だとされています。しかし、一定量を超えればその影響を受け、自分の体やひいては子孫にまで遺伝的な影響をもたらすことになります。このため、こうした作業に従事する際にはしっかりと特別教育を受講し、専門的な知識と技術を身に付ける必要があるのです。

 

こちらの動画では、除染作業についてと放射線などについて説明されています。記事と重複する内容もありますが、10分程度ですので興味があればご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る