解体工事業者ってどんな仕事?コンクリート造の工作物の解体等作業主任者とは。

建築の仕事は、わたしたちの日常を支える非常に大事な仕事でありますが、それと対をなして重要なのが解体の仕事です。古くなった、あるいは使わなくなった建築物を解体し、また新たな建築物を造るための土地を確保します。さて、この解体の分野の仕事とは一体どのようなことをするのでしょうか。今回は、解体業にスポットをあててその仕事と解体業で使える資格についてご紹介していきます。

解体の現場の仕事

先程も言いましたが、解体の仕事は建築物を壊していく仕事になります。大きな建築物を壊すためには、やはり重機の使用が必要となります。しかし、細かいコンクリートの破片などは人間の手作業で除去することもあります。現場で出たコンクリートのゴミは、回収し処分場へ運びます。コンクリート片は、粉砕することで再利用できるようにすることができます。リサイクルできる大切な資源なのですね。

建築物を解体する際には、地上に見えているコンクリート建造物以外にも、地面に埋まっている基礎部分も壊していかなければなりません。これを解体する際には、既存のガス管や水道管を傷つけてしまうと再利用することができなくなりますので、重機ではなく手作業で付近を掘削していく作業があります。また、大きなガレキはハンマーなどを使って細かく砕くことで、一度に運べるコンクリート片を増やすことができます。また、こうした場合だけでなく、場所によっては重機が入ることができない場合があるので、こうした時には全て作業員の手作業で解体を行なうこととなります。

このような仕事内容ですから、やはりかなり体を使う仕事となりますね。こうした仕事に従事している人がいるから、建築業の人たちは建築物を建造することができるのです。

解体の現場で使える資格とは!

さて、仕事内容についてはご紹介しましたが、重機を使う業務もたくさんあります。このため、重機を扱う資格を持っている場合は優遇されることが多いでしょう。ただ、手作業で行なう部分では資格は必要ありませんから、仕事に就いてから重機の免許を取ることも可能です。この場合は、会社によって補助をしてくれる場合もありますから、そうした会社を選ぶとよいでしょう。

重機の免許以外に、解体現場で活躍できる資格について、下記を参考にしてください。

 

・職長、安全衛生責任者教育

・ガス溶接技能講習

・玉掛け技能講習

・特定化学物質等作業主任者技能講習

・木造建築物の組立て等作業主任者講習

・建築物等鉄骨の組立て等作業主任者技能講習

・足場の組立て等作業主任者技能講習

・石綿(アスベスト)取扱い作業主任者技能講習

・コンクリート造の工作物の解体等作業主任者技能講習(本記事で紹介します。)

 

別記事で紹介しているものはリンクを貼っていますので、是非読んでみてください。

 

ちなみに、解体業を自分で開業しようとすると解体工事業登録というものが必要となります。この登録の際には取得が必要な資格がありますが、この中でも解体工事施工技士というのは、解体業のための資格と言えます。この資格を持っていると、解体工事の際の工法や事前調査、見積などを行なう際に必要な知識や技能の証明となります。この資格を取得するためには、解体工事施工技士試験に合格する必要があります。5年間を有効期間とし、この後更新講習を受ける必要があります。この資格は国土交通省の管轄で、これまでとは少し毛色が違いますね。また機会があれば、更に詳しくご紹介したいと思います。

そしてさらに余談ですが、請負金額が500万円未満の場合は解体工事業登録のみで対応できますが、500万円以上の場合は建設業許可というものも必要となります。

 

コンクリート造の工作物の解体等作業主任者技能講習

先程ご紹介した技術資格の中に、「コンクリート造の工作物の解体等作業主任者技能講習」がありました。今回はこれの内容についてご紹介していきます。

この資格は、高さが5m以上のコンクリート建造物を解体する際に配置しなければならない作業主任者の資格となります。この主任者を配置しなければ、該当の建造物を解体することはできません。

 

<学科>

・コンクリート造の工作物の解体又は破壊に関する知識(7時間)

・工事用設備、機械、器具、作業環境に関する知識(3時間)

・作業者に対する教育等に関する知識(1.5時間)

・関係法令(1.5時間)

・修了試験

 

学科13時間を受講の後、修了試験に合格する必要があります。費用は13000円程度となっています。既にお持ちの資格によっては、受講科目の一部が免除される場合がありますので、ご確認ください。

受講資格は、下記のようになっています。

・コンクリート造の工作物の解体又は破壊の作業(次号において「工作物の解体等の作業」という。)に3年以上従事した経験を有する者

・学校教育法による大学、高等専門学校又は高等学校において土木又は建築に関する学科を専攻して卒業した者で、その後2年以上工作物の解体等の作業に従事した経験を有するもの

・その他厚生労働大臣が定める者

 

まとめ

今回は、解体業の仕事と資格についてご紹介していきました。他にも、解体業の技術資格でご紹介していないものについては、これからご説明していきたいと思っていますので、よろしくお願い致します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る