移動式クレーンの特別教育とは

移動式クレーンとは

建設工事現場などでよく見る移動式クレーン車ですが、どんな種類があるか知っていますか?実は、3種類に分けることができます。

 

①トラッククレーン

トラックの運転席と、クレーンの運転席が分かれているタイプ。トラックシャーシ上にクレーン装置がある。小型のものもあり、トラックの荷台と運転式の間にクレーン装置がある場合もある。

②ホイールクレーン

トラックの運転席とクレーンの運転席が一つになっており、専用のフレームの上にクレーン装置がある。狭い市街地で活躍できる機動性を兼ね備えている。

③クローラクレーン

車体の下の部分がクローラなので、地盤が弱くても走行することができる。小型から大型まで様々な大きさがあり、土木工事で活躍していることが多い。

 

これらのクレーンを運転するためには、それぞれ運転資格が必要になります。それは、クレーンの種類ではなく、重さによって違ってきます。

 

<必要な資格>

・つり上げ二重が5トン以上・・・移動式クレーン運転免許

・1トン以上5トン未満・・・移動式クレーン運転講習

・1トン未満・・・移動式クレーン運転特別教育

 

さて、それではこれらの資格がどのように取得されるのかみていきましょう。

 

移動式クレーン運転士

この移動式クレーン運転士というのは国家資格で、学科と実技試験を経て得られる免許です。これがあれば、すべての移動式クレーンを運転することが可能になります。この免許試験は、全国の安全衛生技術センターによって行われており、実技試験については都道府県労働局長教習機関において行われます。受験資格は誰にでもありますが、免許交付は18歳からとなっています。学科試験は4つの区分に分かれており、それぞれ40%以上の得点率が必要となります。総合得点は60点以上となっています。実技試験は減点方式で行われ、減点40点以下で合格することができます。合格率は例年60%前後あるようなので、そこまで難しい試験ではないと言えるでしょう。実技試験においては、免除されるケースがあります。移動式クレーン運転実技教習を修了してから1年以内である、または鉱山においてつり上げ荷重が5トン以上の移動式クレーンの運転業務に1ヶ月以上従事した経験がある、というものです。

小型移動式クレーン運転技能講習

こちらは、1トン以上5トン未満の移動式クレーンを運転する資格が得られる講習となります。内容は、

 

<学科>

・小型移動式クレーンに関する知識(6時間)

・小型移動式クレーン運転技能購入に係る原動機及び電気に関する知識(3時間)

・小型移動式クレーンの運転のために必要な力学に関する知識(3時間)

・関係法令(1時間)

 

<実技>

・小型移動式クレーンの運転(6時間)

・小型移動式クレーンの運転のための合図(1時間)

 

となっており、それぞれ終了試験が課されることになっています。受講時間が長いため、多くの機関は開催3日程度の期間で設定しています。持っている資格によって免除される科目もありますので、事前にしっかり調べておきましょう。また、テキスト代と授業料を合わせて32,000~38000円程度の費用がかかります。少し高いようにも感じますが、この講習を修了した際に得られる資格は国家資格に当たりますので、大きく損をすることはないでしょう。この講習は都道府県労働局長登録教習機関によって行われますので、お近くの開催地を調べてみてくださいね。

 

移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育

これが、移動式クレーン運転の特別教育に当たります。その内容は、

 

<学科>

・移動式クレーンに関する知識(3時間)

・原動機及び電気に関する知識(3時間)

・移動式クレーンの運転のために必要な力学に関する知識(2時間)

・関係法令(1時間)

 

<実技>

・移動式クレーンの運転(3時間)

・移動式クレーンの運転のための合図(1時間)

 

計13時間の講習を修了することによって、1トン未満の移動式クレーンを運転することが認められます。特別教育を行っている場所でならどこでも受講することが可能で、通常2日日程で行うところが多いようです。受講費用は13000円程度みておけば間違いないでしょう。

1トン未満の移動式クレーンは現在、活躍する機会が少ないようです。土木現場では0.8トンのミニクローラクレーンを利用することがあります。このため、現在では小型移動式クレーン技能講習の方を受講する人が多いので、実施している機関も少ないようです。

注意!「クレーン特別教育」とはちがう!

今回紹介したのはあくまで、「移動式クレーンの特別教育」についてで正式名称は移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育となります。実は似ている名称の特別教育があるのです。その名も「クレーンの運転の業務に係る特別教育」と言います。移動式クレーンを除き、つり上げ荷重5トン未満のクレーンの運転業務に就くときに受ける必要のある特別教育です。特に、講習の受講を考えている人は申し込む時に名称が合っているかどうか、しっかり確認してくださいね!

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る