現場監督の家庭の問題|変則勤務が多いからフォローも大事

現場監督の日常は安定しない

こんにちは、今回の記事では現場監督をしている人の家庭でよくある問題についてお話していきたい位と思います。

施工管理の仕事をしていると、色々と大変な日程で仕事をしなくてはいけないことがたくさんあります。

新築の建物だったら工程表通りに進んでいくのですが、その合間にあるGWやお盆、お正月などの長期の休暇などでは、電気設備をすべて止めて点検するシャットダウン工事などもあります。

それ以外にも普段から夜遅くまで仕事をしていますし、夜間での工事もよくあります。

そういった仕事だと理解してもらっていても、たまには家族へのサービスも忘れてはいけませんね。

今回はそんな実際の状況をお伝えしていきたいと思います。

現場監督の勤務状態

平日の残業がとても長い

現場監督は工事現場の全責任を背負って毎日仕事をしています。

そのため日々の業務というのは際限なくあって、正直どこまで丁寧に対応するか、どこまで手を抜いて対応するかは人によるさじ加減によります。

それでも日々の仕事量は最低限でもかなりの量があり毎日やらなくてはいけないことに追われる日々です。

残業は当たり前でひどいときには日付が変わるまで仕事をしているのが毎日続いていくこともよくあります。

そんな生活では、子供が起きている間に帰れないなんてことがよくあり、中には気がついたら子供が大きくなっているなんて言う方もいます。

それだけ家庭を顧みる余裕がないということなのです。

土日は割と働いている

建設現場でよくあることなのですが、昔からの慣習で土曜日は平日扱いなのです。

昔は週休2日ではなかったので、その時の流れが今でも引き継がれているということなのですが、いつになったら土日ともに休みになるのか気になります。

働き方改革もなんのそのですね。

もともとの仕事を請け負う段階でどれくらいの工期で建物ができるかと言った話の中で過去の工事実績を元に仕事を請け負う感じになっているので、当然過去に対応できた工期で請け負います。

それがいつまでの続いているので、どこかで変えないとどうしようもないです。

少ない休日の過ごし方

ここまでお話したとおり、現場監督の仕事は激務で基本的に休みというのはあまり取ることができません。

その限られた休日をどのように使うかと言うのはとても重要になってきます。

休みのうちにしてしまいたいことも山積みです。

こっちもやりたいことを全てやりきることはできません。

そんな中で自分のやりたいことを取りつつ、家族と過ごす時間も大切にしつつ過ごしていく必要があります。

自分だけの話ではないのでそのへんは奥さんときちんと話し合って決めていかないと家に居づらくなります。

現場監督の家庭の問題

家庭がうまく言っていない人は多い

現場監督をしているとどうしてもライフワークバランスがワーク側に思いっきり傾きがちです。

実際に私の周りの人達を見ていて、まず圧倒的に独身者が多すぎます。

仕事に全てを掛けている人が結構いるということですね。

プライベートに使える時間が少ないと必然的に結婚しなくなるのでしょう。

そんな中でも結婚している人は多くいますが、その多くのが家庭内不和状態で夫婦、家族とも仲が悪いということらしいです。

聞いていて悲しくなります。

一生懸命働いていても家族から嫌われ、家に居づらいといたたまれないです。

そういった方のほとんは家族とのコミュニケーションが足りていないのでしょう。

忙しくなっているとどうしても自分本意の考え方になってしまいます。

自分はこんなに働いているのだから、もっといたわって欲しいという気持ちが大きくなるのでしょうね。

相手の気持ちにより添えないと仲が悪くなるのは当然かと思われます。

それでも中のいい家庭もあります

中には家庭内でも順風満帆で仲良くされている方ももちろんいます。

そういった方は自分の中できちんと家族への対応をルール化していて対応ができている印象を受けます。

きちんと家族とのコミュニケーションを取るようにしていて、仕事への理解もしてもらえるようにしていたりしていますし、だからといって家のことをほったらかしにしないでやれることはやるようにしています。

家事の分担もきちんと決めておいて、自分がやれることは最低限でも協力するようにしています。

また、やってほしいことなどの聞き取りなどもきちんと行い任せっきりにしておかないのも大切です。

相手の希望を受け入れるのも大切ですが、そればかりに合わせていては自分も疲弊してしまいます。

そこは相手に合わせすぎずに適度に反発する姿勢を持っていることも必要でしょう。

なんにしても、自分も相手も家族もそれぞれを尊重するようにできれば、家庭内をうまくいい環境のままで保つことができるでしょう。

まとめ

現場監督をやられている方はよく分かると思いますが、仕事がとても大変です。

でも、仕事だけの人生なんてつまらないですよね。

家庭がある方はぜひ家のことも振り返ってみてください。

自分の人生をどのようにしていきたいかを決めるのは自分自身です。

考えずにほっておいたら後悔するかもしれませんよ。

できることはやるようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る