歴史的建造物の維持管理でも活躍!木造建築士についてご紹介します。

建築士に分類される木造建築士は、その名の通り木造建築におけるプロフェッショナルです。実際にどんな仕事をして、どのように資格を取得するのかについて詳しくご紹介します。

 

木造建築士とは

資格としては、一級建築士が国土交通大臣による免許を受けるのに対して、木造建築士は都道府県知事からの免許を受けることになります。任命者は違いますが、どちらも国家資格です。木造の建築物に関する知識に特化しており、木造建築物の設計や工事監理などの業務を行ないます。取り扱える規模としては、延べ面積が300㎡以内となっており、高さとしては2階以下の木造建築物を扱うことになります。さて、3種類の建築士の取り扱い規模を把握する時には、一級建築士>二級建築士>木造建築士という構造になっているということを覚えておきましょう。実は木造建築に関しては、法律上延べ面積が100㎡以下の場合、無資格でも設計ができることになっています。

 

木造建築士の仕事

基本的には、一級建築士で紹介したように、建築士の仕事はさほど変わりません。取り扱う建物の規模や種類が変わる程度です。この仕事内容は、二級建築士の場合も変わりません。ただし、木造建築士の場合は通常の建築物の他に、神社仏閣などの伝統的な建築物に関わる機会が他より増えることになります。

大工と建築士の関係

大工さんと言えば、建築士の引いた図面をもとに実際に建物を組み立てていくイメージですが、昔は現場で図面と合わせて工事監理を行なう大工さんもいました。こうした大工さんは、建築士の資格ができた時に、それまでやっていた範囲の仕事をできなくなってしまったということがありました。それで、現場の大工さんが資格取得をするということもあったのですが、実際には取得が難しかったということもあり、後になって木造建築士という資格を作って、そういった大工さんたちを救おうとしたという目論見があります。

実は最近になって、天然素材を使った木造家屋の人気が上がっており、木造建築のプロフェッショナルである木造建築士の力が求められているという現状があります。このため、この資格は一級・二級建築士の下位資格として見られがちですが、実はかなり有用性の高い資格となっています。

 

木造建築士は専門性が高い!

さて、先程から申し上げている通り、木造建築士は木造建築における専門的な知識や構造計算などにおけるプロフェッショナルです。こうしたことから、伝統的な神社や仏閣の修繕などにもその専門性を生かすことができるのです。ですから、伝統的な日本家屋の建築や歴史的建造物の修繕などに携わりたい人にとっては、必須の資格となっています。

 

木造建築士の資格を取得するには

木造建築士の資格を取得するには、下記の受検資格が必要となります。なお、二級建築士も同じ範囲での受験資格で受験することができますので、参考にしてください。

<受験資格>

木造建築士・二級建築士 同一

・大学、短大、高専の卒業者で、指定の科目を修了した者…実務経験0年

・高校、中学の卒業者で、指定の科目を修了した者…卒業後、実務経験3年以上

・建築設備士…実務経験0年

・その他都道府県知事が特に認める者…所定の年数以上

・建築に関する学歴がない者…実務経験7年以上

 

<試験内容>

学科

・建築計画

・建築法規

・建築構造

・建築施工

 

設計製図

※学科試験に合格した者のみが受けることができます。

 

木造建築士の試験内容は、二級建築士の試験と重複している場合が多いです。しかし、木造建築の構造や施工に関する専門的な知識が出題されますので、この辺はしっかりと勉強が必要です。難易度はそれほど高くないため、合格率は35%前後となっています。一級建築士が12%程度となっていたので、比較的広き門となっていますね。

 

木造建築士は少ない

木造建築士として登録されている人数はかなり少なく、平成27年時点で17534人程度とされています。これに対して、一級建築士は360003人となっているので、木造建築士の少なさが際立ちますね。これは、やはり木造建築に特化しているとはいえ、二級建築士や一級建築士の方が扱える建物の規模が大きくなり、仕事の幅も広がるという現状があるからです。また、年収も一級建築士と比べると低い傾向にあるため、建築士として頑張っていきたい人たちは、これを一つのステップとして、どんどんステップアップしていくという現状があります。

 

まとめ

今回は、木造建築士について詳しくご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。建築士の資格としてはやはり、上位資格を目指していくということが将来的に必要となるということがおわかりいただけたかと思います。ただし、歴史的建造物の修繕などに関わりたいなどと明確な目標を持っている場合は、木造建築士の資格を取って、そういった関連の会社に就職するのが良いでしょう。ただし、そういった場合もより上位の資格を保有していた方が、年収アップにもつながりますので、是非上位資格の取得を目指して頑張ってください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る