断熱材って意外と新しい?断熱材の歴史!

断熱材

寒い日が続きますが、寒冷地は冬の寒さをしっかり遮断してくれる家に住みたいものですよね。このために、住宅には断熱材が使われていますが、賃貸住宅などだと暖房機器も十分でなく、寒い部屋で過ごすこともザラにあります。夢の一軒家を建てるなら、夏は涼しく・冬は暖かい家にしたいものです。さて、そんな住宅に欠かせない断熱材って、いつから使われているのでしょうか?今回は、断熱材の歴史に迫っていきたいと思います!

 

断熱材ってなに?

そもそも断熱材は、外気温を室内に伝わり難くするために使用するものです。基本は、壁の内部にその素材を隙間なく敷き詰めて気密性を保つことで、家の中の温度を外へ逃がさないように、外の温度が中に侵入しないようすることができます。こうした断熱工法は、外張り断熱と呼ばれ、現在主流となっている工法です。

前回、建築物省エネ法について触れましたが、最近は法律からもわかるように「省エネ住宅」の普及が求められています。その中で注目されているのが断熱材です。なぜかと言うと、建物の断熱性が上がることでエネルギーの消費量を抑えられるからです。結局、建築物におけるエネルギー消費が一番多いのが冷暖房の使用によるものです。最近夏はかなり暑く、エアコンもすごく売れていますよね。その分、エネルギー消費が増えるわけです。これに対して、建物自体の気密性を上げて、断熱性を高めることによって温度をしっかりキープできる状態にし、冷暖房の使用を抑えることで、エネルギー消費も抑えることができるというわけです。こうした観点からも、建物の断熱性というのは非常に大切になっています。

さて、こうした断熱材ですが、いつごろから利用されるようになったのでしょうか?

断熱材

日本家屋には断熱材がない?

古い日本の家を想像してみてください。土壁の歴史ある家です。どう考えても断熱材が入りそうな感じがしないですよね。実は、日本で一般住宅に断熱材が使われるようになってきたのは、ごく最近のことなのです。なぜこのようになっているかと言うと、日本の家は夏を基準に作られているものがほとんどだからです。そもそも、建築基準法には、断熱に関する定めがありません。つまり、断熱材を入れることは義務ではないのです。実はこの部分が諸外国とちがう部分でもあります。

 

日本で断熱材が使われ始めたのは昭和40年代

現在のように、グラスウールや発泡スチロールなどが使われ始めたのは昭和40年代だと言われています。少し脱線しますが、そもそも発砲スチロールというのは、今でこそ身近な素材ですが、かなり最近発明されたものであるということをご存じでしょうか?発砲スチロールは、1950年にドイツで発明されました。当初は、コルクの代用品として使われていたのですが、その特性から様々なものに利用されるようになったのです。日本では1959年に国産化されるようになりました。発砲スチロールのすごいところは、ポリスチレンという素材を原料ビーズにし、それを約50倍まで膨らませて使用するため、そのほとんどが空気であるということです。体積の98%程度が空気なのです、これが軽さの理由なんですね!つまり、原料が少なくて済むということからかなりエコな素材なのです。イメージとしては、発砲スチロールを燃やすと有毒なガスが出そうですよね。ところがそんなことは一切なく、ダイオキシンなどが発生することはありません。元々の素材が炭素、水素だからです。燃やすと、炭酸ガスと水に変化します。というわけで、実はかなり環境に優しい素材となっているのです。

話を元に戻しますが、発砲スチロールは断熱材としても利用されるようになりました。この発砲スチロールが普及される前は、グラスウールという素材を断熱材として利用していたそうです。グラスウールというのは、ガラス繊維でできた綿状の素材です。普及し始めたころは、50㎜程の厚さにしてグラスウールを壁や床に入れて利用していました。ところが時代の流れと共に、冬が厳しい北海道では壁に100㎜、天井に200㎜のグラスウールを入れるようになったのです。厚くすれば断熱性も増しそうですもんね。ところがほとんど効果はありませんでした。不運なことに、その取り組みによって新築住宅が~3年経つと、断熱材を入れた壁や床が腐ってしまうという大惨事が起きたのです。せっかく建てた家なのに、残念ですね。これは、1980年北海道で起きた「ナミダタケ事件」として広く知られています。この腐敗は、結露によって起きたのだそうです。ですから、この時代に建てられた建物は腐りやすかったんですね。こうした問題を解決するために、様々な断熱工法が生み出されることとなります。

結露

<外壁通気工法>

問題となった結露は、湿った空気が壁や床下に入り込むことが原因で起こっていました。そこで、この湿った空気を排出する方法を考えたのです。それが外壁通気工法となります。元々は、グラスウールをただ詰め込んでいただけなので、ガラス繊維の隙間をぬって雨や風が抜けてきてしまっていたのです。この部分をなんとかするために使われ始めたのが透湿防水シートです。よく施工途中の現場を見ると、文字がいっぱい書いてあるシートが壁面に貼られていますよね。あおの透湿防水シートは、水蒸気のみを透過することができるという都合の良いシートで、この結露問題にはもってこいなのでした。こうして、壁面内の結露の問題が大きく改善されたことになります。最近は、外壁にサイディング材を用いることが増えてきています。サイディング材を使う場合は、この外壁通気工法が一般的となっています。

 

<外張り断熱工法>

外壁通気工法では、グラスウールを壁の内側に詰め込むようになっていますが、外張り断熱工法は壁の外側に断熱材を貼りつけていく工法になります。家自体を断熱材でくるんでいくようなイメージになるので、当然断熱性は上がります。しかし、断熱材自体はそれほど丈夫な素材ではありませんので、長い期間の中で剥がれて隙間ができてしまったり、垂れ下がったりしてしまう恐れがあります。地震の多い日本では、この工法による外壁材の剥離が後を断ちません。

 

公庫融資で建てる住宅の「断熱」義務

先ほど、建築基準法には断熱についての定めがないというお話をしましたね。しかし、1889年に公庫融資で建てる住宅に限り、断熱を義務化するという時代がありました。これには歴史の動きが大きく絡んできます。まず、1973年・1979年に日本は二度のオイルショックを経験します。これによって、化石燃料を消費し暖房を燃やして家を温めればいいという考えが少し変わっていきます。省エネ思考になるのです。つまり、住宅の断熱性が注目されるようになったのです。1979年には省エネ法が公布されます。これによって、早くも省エネ基準が作られたのです。省エネ基準って結構早い段階からあったんですね。これに伴って、公庫融資を受ける条件として住宅の断熱が義務化されたのです。こうして、日本は住宅の省エネ化のために、断熱性を重視し始めることとなりました。つまり、1980年代に入ってから断熱材が一般化されていったと言っても過言ではないのです。

 

まとめ

実は断熱材というのは、かなり新しい建材だということがおわかりいただけたでしょうか?日本では、一般的に利用され始めてまだ40年ほどしか経っていないのです。その分、日本の断熱性に対する意識や断熱材の研究などは諸外国と比べて遅れをとっています。このあとのパリ協定の達成に向けて、省エネ基準を満たす上で、住宅の断熱性を向上させることは急務です。これからどんな素材がうまれ、どのような工法で施工されていくのか注目です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る