建築現場にもITの流れがきています

建設業でもITの技術を使っていこう

こんにちは、今回の記事ではアナログな人達が多い建設業界において徐々に増えつつあるITの技術についてお話していきたいと思います。

今までは建設業でパソコンを使うとなると施工管理の人が工程や予算、図面作成などの業務に使用することがメインで現場内で使用する電子機器なんて、携帯で電話するくらいなものでした。

ですが、時代が進み今や全作業員がスマホを持っていると言っても過言ではありません。

新しい技術を取り入れる上でハードルとなる、使用者へのハードの供給がすでにできているということになります。

その機種に応じたソフトを作ることで建設業界はIT化できるでしょう。

工事というと絶対に現場で作業しなくてはいけませんが、管理の業務に関してはITの技術を使うことでより良い労働環境にすることができるでしょう。

まだまだ、取り入れている会社は大手のスーパーゼネコンが多いですが、徐々にこうした技術を使える会社が今後の発展をすることでしょう。

IT化の背景

建設現場では未だに電話を使って打ち合わせをすることがほとんどです。

また施工管理をする上で、施工写真を必ず薩英して回りますが、その膨大な写真の管理、整理を手作業で行っていることも多いです。

こうした効率の悪い作業を延々と続けていては仕事はいつまで経っても終わりません。

どこまできちんとやって、どれだけ手を抜くかといった業界になってきてます。

そんな状況では良くないので、IT化でもっと仕事を効率化することが求められています。

効率化しなくてはいけない理由についてお話していきます。

人手不足

建設業界は少子高齢化に沿って徐々に人手不足が深刻化していっています。

また、ここ数年では東京オリンピックによって建設ラッシュも続いていたため、人手が足りなくなっていました。

そのため、もともと悪かった労働環境が更に悪くなっているところもあり、最近の傾向では若者が建設業を避けることが多くなっています。

そうして現場の作業員の中でも徐々に高齢化が進んできています。

こうした状況を打破するためにも労働を効率化することは、必要な対策となっているのです。

労働時間の長時間化

建設業は他業種と比較しても労働時間が非常に長く問題となっています。

残業の時間も全業種の中でもかなり多いほうであり、休日出勤もあるというのは国が行っている労働環境の調査でわかっています。

こうした、長期労働や休日出勤が当たり前になっている業界なので、その改善に向けて取り組む中でIT化というのは非常に大切なポイントとなっています。

業者の多さ

工事現場では基本的にゼネコンが仕事を受注して、その仕事をサブコンや下請け業者に依頼していきます。

こうして多くの会社が一つの工事現場には集まることになるのですが、その分それぞれの会社のやり方が混ざって統一が取りにくくなります。

状況を改善するには全部の会社の人達の意識を変えていく必要があるのですが、高齢化も相まって新しい技術に関して受け入れない人たちが邪魔をして従来どおりのままになることが多いのです。

その点、スーパーゼネコン等の統率力のある会社が明確に方針を打ち出していると取り入れていく動きが出やすくなります。

ICT施工について

ICTとは情報通信技術のことをいいます。

ITが情報技術のことですので、更に通信技術が追加されている状態ということになります。

工事現場でやり取りする情報を電子化してやり取りすることでより効率の良いやり取りができます。

工事での打ち合わせというと大体が図面を見て内容について話をすることになるので、電子化した施工図など活用することで、遠隔でも打ち合わせが可能になります。

変更の多い工事現場ではとても役に立ちますね。

工事現場でICT化

工事現場でICT化できることについてお話してきましょう。

情報の管理・共有

データの共有などは現場では一番簡単にICT化しやすいものではないでしょうか。

図面や台帳など紙で管理しているものはデータ化するだけでも他の人と共有がしやすくなり、効率的です。

安全管理

建設現場では至るところで危険があります。

そうした状況でも危険なことをしないように施工管理担当が現場を巡回して、危険そうなところは注意して安全作業に努めてもらうのですが、それも常に見ることができません。

確認用にウエアラブルカメラなどを作業員の方に使用してもらい、視点を共有してもらうことで事務所にいながら状況が確認できるようになるので、移動の時間もなくせます。

工事現場のIT化まとめ

同じ業界の企業ではこうした似た不満や悩みを抱えていることも多くあります。

その解決策となるのがIT技術になります。

ICT化を進めていく上で同業他社の動きや成功事例を参考にすることはとても重要です。

スーパーゼネコンを筆頭にこうしたIT化の流れは少しずつ拡大してきています。

自分が担当する工事現場で採用されることになったら積極的に学んでみましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る