巻き上げ機(ウィンチ)はどこで使われている?巻き上げ機の危険性と特別な資格について紹介!

巻き上げ機ってなに?

巻き上げ機って一体なんなのでしょうか?みなさんは見たことがありますか?巻き上げ機は、主に重いものを移動させるために使用されるものです。歯車などの回転を利用して、ドラムにワイヤーやロープを巻き付けることで、物の上げ下げを行います。また、物資の昇降だけでなく、左右などにも移動させることができます。ちなみにウィンチと呼ばれる場合もあります。

 

巻き上げ機の分類

巻き上げ機は、様々な項目で分類がされます。ここでは、簡単にドラムによる分類を紹介していこうと思います。

 

・単胴…一つの原動機に対して一つのドラム。重い物を吊り上げたり、車両に搭載するタイプが多い。

 

・双胴…一つの原動機に対して複数のロープを同時に巻き込んだり、巻き出したりできるタイプ。舞台やスタジオの吊物昇降装置や水門昇降開閉用に用いられます。

 

・複胴…一つの原動機に対して二つ以上の巻取りドラムやわーぴんぐドラムがあり、単独または同時にロープを巻くもの。

 

・ワーピングドラム…つづみ型のドラムにロームを数回巻き、摩擦力を利用してロープに張力を加えるタイプのもの。井戸掘削機やボーリングマシンなどに利用されている。

 

・摩擦ドラム…V形溝付ドラムを平行に溝の半ピッチ分ずらして2つ置き、ワイヤロープを順番にあっけて摩擦力でロープに張力を加えるタイプのもの。ロープ式エレベーターやケーブルカーなどに利用されています。

 

このように、様々な種類の巻き上げ機が機能やパワーに応じた形で利用されています。巻き上げ機はその機能を用いて、わたしたちの日常に不可欠な道具に利用されている場合も多いのです。

 

巻き上げ機はどこで使われている?

巻き上げ機は思っている以上にたくさんの場面で活躍しています。サイズは持ち運びできるような小型のものから、船などに搭載されている大型のものまでたくさんの種類があります。実際にどんな場面で使用されているのか見ていきましょう。

 

・自動車

・土木、建築現場でクレーンの代わりに使用する場合

・船舶のアンカーの投下や巻き上げ

・林業の現場

・ゴルフ場のネットはり

・ケーブルカー

・ケーブル関係の敷設

・エレベーターの昇降

 

こちらの画像はケーブルカーです。ケーブルカーの心臓は巻き上げ機です。拠点にある巻き上げ機のモーターが回転すると原動滑車に動力が伝わり、ロープを巻き上げます。このロープの巻き込みによって、ケーブルカーは動いているのです。こうして車両を引き上げるタイプのケーブルカーを「つるべ式」と呼びます。

 

こちらの動画はエレベーター上部の巻き上げ機です。

こちらの巻き上げ機が故障した場合は、修理するために巻き上げ機を扱う資格が必要になります。ちなみに、エレベーターそのものを検査する場合には「昇降機等検査員」という特別な資格も存在します。せっかくなのでこちらの資格についても少し紹介しておきましょう!

 

昇降機等検査員とは?

エレベーターやエスカレーター、小荷物専用昇降機(フロアタイプ)の安全を確保するため、定期的に検査を行い、その検査結果を特定行政庁へ報告することが政令で定められています。この検査を行うのが、昇降機等検査員です。ちなみに、一級建築士と二級建築士も同じように検査を行うことができます。昇降機等検査員は、上記の昇降機の他に遊園地の観覧車やジェットコースターなどの定期検査や点検を行うこともできます。昇降機等検査員になるには、特定の講習を受ける必要がありますが、これを受ける資格要件が別途定められています。機会があれば、詳しく紹介したいと思います。

 

巻き上げ機による事故

さて、巻き上げ機の話に戻りますが、これを扱うために特別教育を受ける必要があるということはそれだけ危険が伴うということです。それでは、一体どのような事故の可能性があるのでしょうか。実は、巻き上げ機使用の際による死亡事故は各地で起きています。特に、巻き上げ機の稼働中にドラムの前面に入ると体が巻き込まれてしまい亡くなってしまう例や、船舶に搭載されている漁網の巻き上げ機に巻き込まれ、ローラーに挟まれ亡くなった例など様々あげられます。あるいは、巻き上げ機によって釣り上げた荷物の下敷きになるなどの事故の発生している状況です。このように、危険の伴う巻き上げ機の操作について、特別教育を受講する義務を課し労働災害の防止に努めているのです。

 

巻き上げ機運転等の業務に係る特別教育

<学科>

・巻上げ機に関する知識(3時間)

・運転に必要な一般的事項に関する知識(2時間)

・関係法令(1時間)

 

<実技>

・巻上げ機の運転(3時間)

・荷掛け及び合図(1時間)

 

巻き上げ機の運転の業務に係る特別教育はこのように、学科が6時間で実技が4時間の合計10時間の講習で資格を得ることができます。費用は10000円前後となっていますので、比較的安く受講することができますね。

 

まとめ

巻き上げ機はわたしたちの日常の中にたくさん使われており、それを使うには特別な資格が必要だということがわかりました。巻き上げ機の事故は命に関わる場合が多いので、事故を防ぐためには作業者に専門的な知識が備わっていることが求められます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る