工事期間の住民トラブル

工事のトラブルは現場の中だけじゃない

こんにちは、今回の記事では工事現場におけるトラブルの中で、近隣住民の方とのトラブルについてお話していきたいと思います。

どこの地域に行ってみても工事をしていると、工事自体をよく思わない方というのいるものでたまにクレームが入ってきたりします。

大体はお年寄りの方であることがほとんどなのでなにかあるのかと思いますが、、、

工事をすすめる上で近隣住民とうまくやっていくことも大切なことですので、重要視しておく必要があります。

近隣の住民から嫌われてしまうと、その影響は竣工後に施主に引き渡ししたあとで施主へ向かうことになります。

そういった事態だけは必ず避けるようにしておかないといけません。

住民トラブルを防ぐ対策

住民トラブルを避けるためにはきちんと対策をしておかなくてはいけません。

現場でやっておくべき対策をそれぞれご紹介してきたいと思います。

事前のお知らせを行う

工事が始まる前には近隣住民の方に直接、声をかけて周り挨拶をしているかどうかで住民の対応は全く違ってきます。

人間、一度ご挨拶に来てくれた人に対してはあまり苦情をいいにくいというところがあるのです。

これを怠ってしまうと挨拶もなしに工事を始めたなどのトラブルの原因になりかねませんので、まずはじめにご挨拶しておくほうがいいでしょう。

自分の立場になって考えてもらいたいともいますが、ある日突然自分の家の近くで大きな音がするようになったり、いつも通っている道が通行止めになっていたりすると嫌な気分になるのは当然のことかと思います。

事前に連絡をしていれば、そういえば連絡来ていたなと自己解決しやすいのです。

工事の始まる前には必ず近隣住民にはご挨拶に回らせていただき、不在の場合は投函にて連絡を入れるようにしておきましょう。

その際には工事がどれくらいの期間なのかも合わせてご連絡をしておくとより親切でしょう。

大きな工事現場などでは、近隣住民に対する工事説明会などを開催したりすることもあります。

その場合は必ず近隣住民が全員参加されるわけではありませんので、参加される方やしない方の両方に配慮が必要となります。

こまめにコミュニケーションをとる

工事の最初に事前のご連絡を行うのも当然ですが、その他にも特別な工事で道路を封鎖してしまったり、騒音が大きくなるような事があるのであれば、その都度ご挨拶に回ることでトラブルを避けることができるでしょう。

たとえ事前にお伝えしているからといって、そうしたところを怠るとよくありません。

何か変わったことがあるたびに連絡があると近隣住民の方も納得してくれやすくなります。

役所や警察への手続きをする

何かトラブルが起きたときには、こうした届け出をきちんと出して工事をしているということが役に立つことが多くあります。

当然ながら道路を専有してしまったりする場合などは届け出が必要なのですが、自分たちの正しさの証明としてこうした公的機関への届けというのは出しておいて困ることはないでしょう。

もし何か問題が起きたときに役所や警察への正式な届けをきちんと出していなければ、事態はとても複雑なものになってしまうでしょう。

トラブルの原因を作らないようにしよう

近隣住民の方とトラブルになる原因の多くは大体限られてきます。

いくつかトラブルの原因となるものと対策をご紹介してきたいと思います。

ホコリや粉塵

工事現場では舗装されていない土の状態のところが多くなります。

晴れた日が続いて、地面が乾くと細かい砂塵が舞い散ってしまい、近隣の方の洗濯物や車などを汚してしまうことになります。

工事の内容によってはその他の粉塵が舞うこともよくあります。

防塵シートでカバーしておいたり、土に関しては水まきをして乾ききらないようにするなどの対策をすると良いでしょう。

騒音や振動

工事をしているとさまざまな重機を使用することがよくあります。

騒音に関しては周り全体に広がってしまうので、クレームに繋がりやすいです。

防音シートなどで工事現場を囲い、音がもれないようにして工事をすすめるようにしましょう。

また、音だけでなくその時間帯も重要なポイントです。

早朝や夜になってからも音がするとあまり大きな音でなくてもクレームになりがちではあります。

ゴミや廃棄物

現場で工事をしていると様々なゴミが出てきてしまいます。

こうしたゴミに関してはすべて工事現場の責任として必ずすべてを拾い集めるようにしましょう。

特に紙類などのゴミは飛びやすく目立ちますので気をつけましょう。

工事現場の近隣トラブルまとめ

工事現場では周辺の人達に少なからず影響を与えてしまうことは避けては通れません。

そうした状況であっても周辺の住民の方に説明を怠らなければ大きなトラブルになることはないでしょう。

しかしクレームを言ってくる人というのはどこの世界にもいるものです。

そうした人たちの対処法についても身につけていくことも必要になるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る