契約アンペア変更はできるの?必要な電力量で契約しよう

契約アンペアによって使える電力が決まる

こんにちは、今回の記事では一般家庭などで電力を契約するときに決める契約アンペアについてお話していきたいと思います。

この契約アンペアですが、特に何も相談などをしなければ一般的な契約アンペア数になりますが、実はこの契約アンペア数についてはあとからでも変更することができるのです。

変更することでメリットを得ることができる場合もありますし、契約アンペア数の変更工事については知っておいて損はないでしょう。

今回の記事を読んでいただき、契約アンペアの適切な量や生活への影響を考えて、より快適に生活できるように変更していきましょう。

契約アンペアとは一体何なのか

まずはじめに契約アンペアとは一体どのようなものかを詳しくお伝えしていきたいと思います。

電力会社との契約の際にこの契約アンペアというのは決める必要があるのですが、あまりちゃんと見たことがない人も多いようですので、この際に把握しておくといいでしょう。

一般的な家庭の契約アンペアは一人暮らしもしくは夫婦だけの生活であれば30Aもあれば、問題なく足りると思われます。

もう少し家族の人数が多かったり、」家電が好きで色々なところで家電をつかいこなしているようであれば50A程度まで見ておくといいでしょう。

その他では、最近よく聞くオール電化の家庭なら60A以上が必要になってくることもあります。

このように家庭の状態によって必要な契約アンペア数は変わってきますのでどれくらいが適切なのかは調べておくと良いでしょう。

契約アンペアが少ない場合

契約アンペアが少ないと

自分たちが使う電力 > 契約アンペア

となってしまい、契約以上の電気を使用してしまうことになるのですが、そうなると自動的にブレーカーが落ちて電気が止まってしまいます。

そのため大きく電力を消費するエアコンや電子レンジ、洗濯乾燥機などを同時に使えなくなってしまったりと不便な生活をしなくてはいけないかもしれません。

契約アンペアが大きい場合

契約アンペアが大きいと電化製品等な安心してたくさん使えるのでその点は安心なのですが、電気の料金が高くなってしまいます。

電気料金は使用した電気の量の他に契約アンペアの大きさによって基本料金が高くなっていきます。

そのため契約アンペアを必要以上に大きくしてしまって、契約アンペアに余裕がありすぎるのも問題と言えるでしょう。

電気料金の節約のためにも契約アンペア数は使用する電力量に応じて過不足ないように契約するのが一番と言えますね。

自分の家の契約アンペア数を調べよう

契約アンペア数を適切なものに変更してみたいと思ったあなたに向けて、現在の契約アンペア数を確認する方法についてお伝えして行きましょう。

契約アンペアはちょっと自宅で確認すればすぐわかりますので、面倒な作業はありません。

契約アンペア数の見方①:分電盤

分電盤に付いている一番大きなブレーカーの容量を確認してみましょう。

一番大きなブレーカーは外部から電気を取り込んできて一番最初につながるブレーカーであり、このブレーカーの容量は契約アンペア数に応じて取り付けられているので、このブレーカーの容量=契約アンペア数と見て問題ないでしょう。

契約アンペア数の見方②:検針票

電力会社から届く検針票を見るとそこには必ず契約アンペア数の表記があります。

最近では検針票を送らずにネットで見るだけになっているところも多いので、調べてみるといいでしょう。

契約アンペア数を変更したくなったら

契約アンペア数を変更するだけであれば電力会社に申し込みをして、割と簡単に変更してもらうことができます。

特に契約アンペア数を下げる方であれば、分電盤内のブレーカーを交換するだけになるので、電力会社のみで対応でき、費用もほどんど変わりません。

しかし、契約アンペア数を大きくする場合は、増やした分だけ使用したい量もふえることになるので、新たにコンセントを増設したりすることになるかもしれません。

そのような場合には電気工事業者にお願いする必要が出てきますので、契約アンペア数を増やした後で電気工事業者にいって相談してみましょう。

契約アンペア数を増やしたことによって、その分岐としてつながっているブレーカーを増設することになるかもしれませんし、今ある回路を分岐したり、新たに配線を引き直してコンセントを新設することもあるかもしれません。

契約アンペアまとめ

皆さん自宅の契約アンペア数は確認できましたでしょうか。

今までブレーカーが落ちたことがなく問題なく使用できているような人、ブレーカーがよく落ちて困っている人の両方、つまりすべての人に契約アンペアは知っておいて損のない情報になります。

ちょっとした変更で日々の生活の不便さがなくなるのであれば、面倒に思うことなく一度は変更してみましょう。

ついでに、新しくほしいところにコンセントを増やしたりして、より快適な家を作り上げるのも楽しいと思いますので、ぜひやってみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る