テレビアンテナ工事とアンテナの種類

テレビを見るにはアンテナが必要

こんにちは、今回の記事では電気設備の中で弱電設備に当たるテレビアンテナ工事についてお話していきたいと思います。

テレビアンテナの工事を行う上でアンテナについての知識を持っておいたほうがいいと思いますので、アンテナの種類からそれぞれの特徴などをご紹介していきたいと思います。

それ以外にもいくつか種類があり、自分が希望する設置状況などに応じて適当なものを選べるようにアンテナに関する知識を身に着けておきましょう。

アンテナを設置する前に検討すること

テレビアンテナを設置するときには事前に検討をしておかなくてはならないことがあります。

検討すべき事を一通り確認した上で問題ないことを確認し、図面に起こすようにしましょう。

電波強度を測る

まずアンテナを取り付けるときに一番大切なことがこの電波強度を確認するということになります。

テレビの電波を受信できなければテレビを見ることができませんので、この確認は必須です。

電波の強度によっては、設置できるアンテナの種類や電波を増幅させる設備などのが必要となってきますのでそれらが必要化の確認をすることがテレビアンテナ工事のベースとなってきます。

アンテナの種類を決める

テレビアンテナの中で地上デジタル放送見るには3つ種類があります。

八木式アンテナ

屋根の上でよく見かける魚の骨のような形をしたアンテナになります。

大きなサイズでアンテナ自身にある程度高さがあるので、電波の受信といった点では非常に優秀です。

大きな工事現場では設置場所にも余裕があり、周りからの見た目も気にされない事が多いので、この八木式アンテナを採用される事がほとんどです。

一般家庭などでは少し屋根の上にあるのが外観を損ねるということも多く、ソーラーパネルによって設置できなくなることも多いので採用率は少し下がります。

大きさのため台風などの自然災害に弱く、あまりありませんが取れてしまうこともあったりするので設置はかなりの強度を検討しておく必要があります。

デザインアンテナ

こちらはデザイン性を重視したアンテナで長方形の形をした板状のスッキリしたサイズのアンテナとなります。

大きさだけでなく、本体のカラーも何種類もあって設置する場所に応じて設置すれば、目立ちにくくなります。

家の外観などが気になる一般家庭ではおすすめのアンテナではあります。

設置場所も屋根の上ではなく、外壁に取り付けることが可能な大きさなので取り付けや修理にあまり手間がかからないというのもメリットでしょう。

デメリットとして上げるのであれば、電波の受信感度が悪いため電波状況が悪いところでは十分な電波を取ることができず、写りが悪くなることがあるので注意が必要です。

室内アンテナ

こちらは室内に設置できるネットのルーターのようなサイズでおいておける小型なアンテナになります。

設置の手間もかからず、室内設置なので壊れる心配もないとてもいいアンテナです。

ですが、室内の設置はよほど電波が強くないと使えないものなので、使える方はラッキーだと思います。

使えるのであればこれ以外に選択肢がないほど優秀なアンテナです。

テレビを見るところを決める

テレビを見るところ、つまりテレビアンテナのコンセントをつける場所がどこになるのかを決めておきましょう。

その場所によって検討しておくべきことがありますので、アンテナの種類と一緒に考えておきましょう。

複数の場所で見る

ほとんどの場合、テレビを見る場所は1つの建物に複数あると思います。

そんなときには分配器というものが必要になります。

アンテナから受信した電波を名前の通り分ける事ができる設備です。

分配器の種類によって値段費用も変わってくるので、必要最低限で検討します。

大きな建物では、分配器をいくつも設置することもあります。

先に分配してしまうと配線が多くなってしまうことがあるからですね。

電波を増幅させる

大きな建物でアンテナ線が長いと電波が減衰していってしまいます。

そういうときにはブースターと呼ばれる電波の増幅器を設置する必要があります。

電波が弱いところでもうまく活用することで、テレビが映るようになります。

欠点があるとすれぱブースターは電波を増幅してくれますが、ノイズが含まれている電波だとそのノイズまで増幅してしまいます。

アンテナを設置するときには電波が弱くてもきれいな電波を受信する必要があります。

テレビアンテナまとめ

これらのことがきちんと検討できたら、あとは工事をすすめるだけとなります。

ここでご紹介したのはテレビを見るためのアンテナの話ではありますので、BSやCSといった特別な電波を受信したい場合は、それに合わせた電波が必要となります。

BS・CSはお皿のようなアンテナを別に取り付ける必要があるのですが、たくさんのアンテナを取り付けたくないという人には光テレビなどもおすすめではあります。

ネット経由のテレビならアンテナを取り付けなくても見られるのでとても楽ですね

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る