よく聞くエコキュートとはどんな設備?

エコキュートは自然冷媒ヒートポンプ給湯器のこと

こんにちは、今回の記事では最近の家庭で設置することが増えて生きている省エネ用の設備であるエコキュートについてご紹介していきたいと思います。

エコキュートというものは実は関西電力が商標登録している製品の名前で、本来の機器の名前としては自然冷媒ヒートポンプ給湯器のことを言います。

名前の通り、冷媒として自然に存在する二酸化炭素を集めてその熱によってお湯を沸かす設備となっています。

この設備が一体どのようなものなのか、最近取り付ける家庭が増加している理由などについてご紹介していきたいと思います。

エコキュートはどのような設備?

エコキュートは一言で言ってしまうと、環境に優しい省エネ効果の高い電気給湯器です。

その特徴として上げられるのが、夜間の電気代の安い時間帯を利用してお湯を沸かせるため、日々の電気代を抑えら得ることです。

更に大気熱を使用しているため、お湯を沸かすときの電気エネルギーは従来の方法よりも半分以下で済むということが挙げられます。

エコキュートを使用するメリットはいくつかありますので、それらについて詳しく見ていってみましょう。

エコキュートは経済的

まずエコキュートの一番のメリットですが、なんと言っても日々の電気代を抑えることができるようになるというところです。

給湯器としてよくあるガス給湯器と比較しても格段に安く済みます。

更にオール電化にすればコンロもガスを使わなくて良くなるので、ガスの契約自体が必要なくなります。

ガスの契約をしていると、使用した分だけでなく基本料金が含まれているのでその分がなくなるだけでも経済的にかなりの余裕が出てきます。

環境に優しい

エコキュートの仕組みとして、再生可能エネルギーを使用してお湯を沸かしています。

世界的に見ても電力の世界ではエネルギー事情を考えたときに省エネは大きな課題となっています。

日本でも発電する電力の自給率を上げるために、海外に依存しないで発電する方法を検討しているのが現状となります。

再生可能エネルギーを使用する設備は今後優遇されていくことも想定されています。

環境に優しく、今後に期待ができる設備なので使わない手はありません。

非常時にお湯が使える

エコキュートは電気代の安い夜間電力を使用してお湯を沸かして溜めておく設備なので、急になにか災害が起こってもすでに沸かして溜めてあるお湯を使用する事ができます。

溜めておくお湯なので飲んだりすることはあまりおすすめできませんが、災害時にお湯が使えるというのは防災面で安心感が違います。

ガスの給湯器を使用するにはガスと電気の両方が使えないとお湯を沸かすことができないので、災害面ではどうしても弱いと言うことになります。

エコキュートにもデメリットはある

ここまでエコキュートのメリットについてご紹介してきましたが、エコキュートにもいくつかデメリットがありますので、そちらもご紹介しておきたいと思います。

本体が高い

日々のランニングコストとしてはガスの給湯器よりも断然安く済むのですが、エコキュート本体はガス給湯器よりもかなり値段が高いものとなります。

ガスでお湯を沸かすだけの単純な設備とは違いエコキュートはお湯を沸かす時間の制御や使用量などを感知する機能などもありますので、これに関しては今後も変わらず高いと思います。

お湯切れになることも

エコキュートは深夜にお湯を沸かしておくのですが、溜めておいたお湯を使い切ってしまうとお湯が出なくなります。

ガスの場合は熱エネルギーが大きいので瞬間的にお湯を沸かすことができるのでなくなることはないのですが、電気でお湯を沸かすには少し時間がかかります。

そのためお湯が切れてしまったら、しばらく待たないといけないことになります。

エコキュートには毎日のお湯の使用量を計算して、適切な量を沸かしてくれる機能があるので、急激に使用するお湯が多くならないとお湯切れにはなりませんが、一度なってしまうとすこし面倒です。

常にお湯の量を多く沸かすと経済的なメリットも少なくなるので、なるべく避けたいところです。

騒音がある

エコキュートに搭載されているヒートポンプは室外機があります。

この室外機はそれほど大きな音はしませんが、稼働するのが深夜になりますので、若干ながら音が気になるということが起こったりもするようです。

エコキュートの施工

エコキュートを設置する場合は、リフォームなどを行っている工事業者に相談してみましょう。

新築であればハウスメーカーの方が対応してくれます。

エコキュートは大型の電気設備ではありますので、基礎工事から大掛かりな工事になりますので、いろいろな業者の方を比較してみるのがいいでしょう。

地域によっては補助金等が出るところもあるので、事前に確認しておくといいですね。

リフォームなどを検討されている家庭であれば、オール電化の切り替えを含めてエコキュートを活用されているものも良い方法かと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る